「如来(にょらい)」は悟りに至った者

如来 にょらい サンスクリット語 釈迦の本名:ゴータマ・シッダールタ 「如」は真実、「来」は来る  真理の世界から来た者 悟りの境地に達した者ということです。 仏像のはじまりは、仏教の開祖であるお釈迦様の具現化したもの「釈迦如来」です。 その後 大乗仏教が盛んになり、釈迦以前にも如来がいて、釈迦はその教えを受けたお蔭で悟ることができた。 …

続きを読む

仏像の種類は4つに大別「如来、菩薩、明王、天」。大事なポイントです。

仏像はさまざまな種類があります。 何が何だかわからなくなりますが、このポイントを押さえるとすっきり整理できます。 上から 如来(にょらい)、菩薩(ぼさつ)、明王(みょうおう)、天(てn) の4つに分類できます。 この順番も覚えておきましょう。 簡単に説明すると 如来(にょらい)は、悟りにいたった者 菩薩(ぼさつ)は、悟りを開く前の修行中…

続きを読む

初期の仏教は偶像崇拝はなく仏像はあとから作られるようになりました

初期の仏教では、偶像崇拝※はなく、否定されていた。 ・お釈迦様の遺骨(舎利)を納めた仏塔(ストゥーパ) ・釈迦の生涯を記録した仏殿図 が礼拝の対象だった。 ※偶像崇拝とは、絵画・彫刻・自然物などの可視的対象物を信仰の対象として崇拝・礼拝すること。 仏像が作られたのは お釈迦様の入滅から、約500年経った紀元前1世紀後半頃から パキスタンのガンダー…

続きを読む